ブラスト研掃材の危険物質から作業者を守る

表面処理でSponge-Jet技術を採用すると、作業者の健康及び工場の安全問題が大幅に改善されます。従来の研掃ブラストに比べ、飛散粉塵排出量 (TSP及びPM-10)が最大97%低減可能であり、報告対象の環境排出量を大幅に削減することができます。Sponge Mediaの粒子が表面から除去した汚染物を捕捉し、研掃ブラストの際に通常発生する有害な空中粉塵に対し作業者の暴露を削減します。研掃の跳ね返りによる怪我を排除します。また、Sponge Mediaは再利用されるため、廃棄物処理を最大96%削減することができます。

業界用語である「低粉塵ブラスト」は、よく「埃のないブラスト」に置き換えられています。米国環境保護局による研掃排出係数の完全な試験結果は、AP-42ファイル及び個別付録「AP-42項13.2.6の排出係数文書」をご確認下さい。


お客様の声

「弊社では、衛生及び環境規制要件を適合し、かつ環境に優しい研掃ブラスト手法としてSponge-Jetをお奨めします。」TownGas、メカニカルマネージャー


関連リソース

  • 100-HP Sponge-Jet Feed Unit™ – Japanese

    100HP_Feed_Unit_Manual_jpnSponge-Jet® Sponge Blasting System Sponge-Jet Feed UnitTM
    (Sponge-J…

    ダウンロード
  • スポンジ・ジェットRASP Xtream™ 使用説明書

    RASP_Xtreme_Manual_jpn©2008 Sponge-Jet, Inc.

    ダウンロード
  • スポンジ・ジェット B-VAC 使用説明書 – B-VAC Pro 3

    B-VAC_Pro_3_Manual_jpnSponge-Jet® Sponge Blasting System
    スポンジ・ジェット
    B-VAC
    使…

    ダウンロード
  • スポンジ・ジェット 送出ユニット 使用説明書 – 400-HP

    400HP_Feed_Unit_Manual_jpn
    Sponge-Jet® SpongeBlastingSystem
    スポンジ・ジェット
    送出…

    ダウンロード

Recent Blog Posts

  • What Certifications Earn Abatement Contractors More Projects?

    Commercial coatings specialists involved in deleading and are yearning for larger contracts might find themselves looking to become more highly certified. Increasingly, large public and private entities (including oil companies, departments of transportation, and public utilities) insist contract bidders possess additional certifications from organizations such as SSPC (The Society for Protective Coatings). SSPC certifies both companies and individuals, verifying contractor organizations with defined knowledge and procedures.

    もっと読む >
  • A Guide to Removing Rubberized and Polyurea Coatings

    Typically applied thick, polyurea and rubber coatings are notoriously hard to remove. Regular abrasive blasting methods are rarely effective in removing these coatings. Abrasives like garnet and coal slag bounce off these surfaces causing them to heat and become gum-like with little removal. This burned residue should not be coated over and would normally require further surface preparation. To avoid these issues, specifiers, contractors and facility owners have three options for polyurea and rubber coating removal.

    もっと読む >
投稿をもっと見る