ブラスト研掃材の危険物質から作業者を守る

表面処理でSponge-Jet技術を採用すると、作業者の健康及び工場の安全問題が大幅に改善されます。従来の研掃ブラストに比べ、飛散粉塵排出量 (TSP及びPM-10)が最大97%低減可能であり、報告対象の環境排出量を大幅に削減することができます。Sponge Mediaの粒子が表面から除去した汚染物を捕捉し、研掃ブラストの際に通常発生する有害な空中粉塵に対し作業者の暴露を削減します。研掃の跳ね返りによる怪我を排除します。また、Sponge Mediaは再利用されるため、廃棄物処理を最大96%削減することができます。

業界用語である「低粉塵ブラスト」は、よく「埃のないブラスト」に置き換えられています。米国環境保護局による研掃排出係数の完全な試験結果は、AP-42ファイル及び個別付録「AP-42項13.2.6の排出係数文書」をご確認下さい。


お客様の声

「弊社では、衛生及び環境規制要件を適合し、かつ環境に優しい研掃ブラスト手法としてSponge-Jetをお奨めします。」TownGas、メカニカルマネージャー


関連リソース

Recent Blog Posts

  • How to Remove Soot from Concrete?

    When structural fires occur, they leave behind many hours of cleanup even if the fire doesn’t cause much structural damage. After fires, areas with affected masonry surfaces like concrete must be checked by a structural engineer to ensure entry is safe. Once the area is cleared, the restoration process can begin.

    もっと読む >
  • An Overview Guide on the Types of Fire Damage

    When fires occur, the immediate focus should be on preserving the health and safety of those in danger. Fire departments do amazing work saving lives and preventing fire spread throughout buildings and into nearby structures. Despite firefighters’ efforts, buildings often require robust cleaning of smoke, fire, and water damage in the aftermath.

    もっと読む >
投稿をもっと見る