教育

Sponge-Jet技術を効果的で安全に使用し、投資を最大化

Sponge-Jetは、適切な教育により、安全で効率の高い機器操作の促進に貢献できると認識しています。また、これはプロジェクトの成功と失敗の分かれ目を意味することもあります。Sponge-Jetでは、世界各国の専門家の教育要件に適応させた幅広い選択肢を様々なタイムゾーン、天候条件、及び操作環境でご用意しております。Sponge-Jet教育には以下が含まれます。

  • 研掃ブラストの基礎
  • 基本システム及び構成部品入門
  • システム構成部品の接続
  • 構成部品の設定 -調整と操作手順
  • その他使用頻度の高い構成部品(ノズル等)の適切なサイズ、選択、及び使用

また、Sponge-Jetでは技術、法規制、安全性、及びベストプラクティスが変化し続けていることも認識しています。弊社では従業員、顧客、またお取引先に最新の情報をお届けするために、広範囲な第三者の認可クラスをグローバル・テクノロジー・トレーニング・センターにて主催しています。グローバル・テクノロジー・トレーニング・センターでは、複数のゲスト及びイベントを様々な教室や、ブラスト・塗装ルーム、また広々とした機器実演エリアで対応しています。また、オーダーメイドのSponge-Jet教育においては、大会議室、テスト室、試験室もご利用頂けます。弊社施設では、以下が装備されています。

  1. 1.75人以上収容可能なフル・ビュッフェ・キッチン
  2. 屋外ダイニングテラス
  3. 米国障害者法(ADA)対応のトイレ数箇所
  4. 身体障害者対応のエレベーター
  5. 講演者・スピーカー用の相の間
  6. ノートパソコン、データプロジェクター、及びAV機器
  7. ゲスト専用WiFi (光ファイバーネット接続)
  8. 無料のクラス用品 (演台、白板、メモ帳、ペン、消しゴム等)

現場教育

Sponge-Jetでは、弊社グローバル・テクノロジー・トレーニング・センターにおいてSponge-Jet機器及びSponge Media™製品すべてを対象とする現場工場教育を提供しています。また、証明書の教育や、顧客特化の機器構成を含むオーダーメイドのクラス内容も承っております。

詳細を確認する

第三者教育

Sponge-Jetは、時流についていき競争力を保つには継続的な学習と専門能力開発が必要だと認識しています。Sponge-Jetでは、米国腐食技術者協会(NACE)及び米国鋼構造物塗装協会 (SSPC)といった、独立(認可)機関による教育を一年を通して主催しています。こういったクラスはSponge-Jet技術に特化した内容ではなく、キャリア研修及び検定更新の提供を目的としています。

詳細を確認する

オンライン教育

Sponge-Jetでは、どなたでも無料でオンライン証明書教育を受けて頂けます。機器及びSponge Media™製品をお買い上げ頂いた方には教育ウェビナーを主催させて頂いています。オンライン教育センターは、Sponge-Jet技術あるいは弊社製機器に慣れない方に適しています。また、移動の制約があったり、普段のお仕事を中断ができないといった、ご自分のペースで勉強をなさりたい方にも理想的です。オンラインウェビナーは、グループ参加者用に特別設定・スケジューリングすることも可能です。

詳細を確認する

関連リソース

  • 100-HP Sponge-Jet Feed Unit™ – Japanese

    100HP_Feed_Unit_Manual_jpnSponge-Jet® Sponge Blasting System Sponge-Jet Feed UnitTM
    (Sponge-J…

    ダウンロード
  • スポンジ・ジェットRASP Xtream™ 使用説明書

    RASP_Xtreme_Manual_jpn©2008 Sponge-Jet, Inc.

    ダウンロード
  • スポンジ・ジェット B-VAC 使用説明書 – B-VAC Pro 3

    B-VAC_Pro_3_Manual_jpnSponge-Jet® Sponge Blasting System
    スポンジ・ジェット
    B-VAC
    使…

    ダウンロード
  • スポンジ・ジェット 送出ユニット 使用説明書 – 400-HP

    400HP_Feed_Unit_Manual_jpn
    Sponge-Jet® SpongeBlastingSystem
    スポンジ・ジェット
    送出…

    ダウンロード

関連ブログ投稿

  • Chrysotile (White Asbestos) Found in Coal Slag

    Earlier in the month, it was discovered that a major producer of abrasive blasting media had been distributing coal slag contaminated with chrysotile, commonly known as white asbestos. Chrysotile is a known human carcinogen that can be extremely harmful when ingested or inhaled. Asbestos has been found to be a direct contributor to “chronic lung disease as well as lung and other cancers.” OSHA notes, “There is no safe level of asbestos exposure for any type of asbestos fiber.”

    もっと読む >
  • Concrete Restoration at the Guggenheim Museum

    After 50 years of exposure to the elements, the Frank Lloyd Wright-designed Guggenheim Museum on New York City’s 5th Avenue needed help.

    The art museum’s exterior concrete rotunda wall, which corkscrews outward as the building gets taller, was beset by hundreds of cracks ranging from hairlines to those that exposed steel reinforcement bars buried in 5-inch-thick (12.7 cm) concrete. And that’s just what Guggenheim’s team of architects, engineers, and restoration experts could see! Who knew what else lie beneath 12 layers of coatings applied over the decades?

    もっと読む >
投稿をもっと見る