歴史の保存 -大切なものを保護しましょう

プロの方々が多数の用途に応じて多くの下地を洗浄できるよう、Sponge-Jetは、乾式で、粉塵が少ないマイクロ研掃コンポジットを提供しています。

  • 環境汚染物の除去
  • 歴史的な構造物や記念碑の修復
  • いたずら書きの除去
  • 含鉛塗料の対処
  • 風化物及び剥離物
  • すす、炭、及び煙による損傷
  • 石材及び大理石の洗浄

表面を損傷させずに汚染物を除去できるよう、研掃材を選択することができます。当装置は制御可能なため、オペレーターがプロジェクトのニーズに合わせて圧力および媒体流量を調整することが可能です。Sponge Mediaは跳ね返りが少ないため、隣接面のキズ防止を図ることができると同時に、低発塵性のため工程中にオペレーターが汚染物除去を目視で監視・制御することができます。


お客様の声

「保存の観点で、いたずら書きは壊れやすい砂岩という理由から、直面している問題の中でより大きな問題だと言えます。以前は、薬品を使わなければなりませんでしたが、今は優しい研掃手段を利用できます。」プレシディオトラスト、上位保存管理者


関連リソース

  • 100-HP Sponge-Jet Feed Unit™ – Japanese

    100HP_Feed_Unit_Manual_jpnSponge-Jet® Sponge Blasting System Sponge-Jet Feed UnitTM
    (Sponge-J…

    ダウンロード
  • スポンジ・ジェットRASP Xtream™ 使用説明書

    RASP_Xtreme_Manual_jpn©2008 Sponge-Jet, Inc.

    ダウンロード
  • スポンジ・ジェット B-VAC 使用説明書 – B-VAC Pro 3

    B-VAC_Pro_3_Manual_jpnSponge-Jet® Sponge Blasting System
    スポンジ・ジェット
    B-VAC
    使…

    ダウンロード
  • スポンジ・ジェット 送出ユニット 使用説明書 – 400-HP

    400HP_Feed_Unit_Manual_jpn
    Sponge-Jet® SpongeBlastingSystem
    スポンジ・ジェット
    送出…

    ダウンロード

Recent Blog Posts

  • What Certifications Earn Abatement Contractors More Projects?

    Commercial coatings specialists involved in deleading and are yearning for larger contracts might find themselves looking to become more highly certified. Increasingly, large public and private entities (including oil companies, departments of transportation, and public utilities) insist contract bidders possess additional certifications from organizations such as SSPC (The Society for Protective Coatings). SSPC certifies both companies and individuals, verifying contractor organizations with defined knowledge and procedures.

    もっと読む >
  • A Guide to Removing Rubberized and Polyurea Coatings

    Typically applied thick, polyurea and rubber coatings are notoriously hard to remove. Regular abrasive blasting methods are rarely effective in removing these coatings. Abrasives like garnet and coal slag bounce off these surfaces causing them to heat and become gum-like with little removal. This burned residue should not be coated over and would normally require further surface preparation. To avoid these issues, specifiers, contractors and facility owners have three options for polyurea and rubber coating removal.

    もっと読む >
投稿をもっと見る